最終講義

令和3年3月8日(月)、矢巾キャンパス本部棟2階大堀記念講堂において、今年度をもって定年退職を迎える薬学部のお二人の教授による最終講義が行われました。

◉ 藤井 勲 教授(薬科学講座・天然物化学分野) 演題:天然物の生合成から生物合成へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ 駒野 宏人 教授(生物薬学講座・神経科学分野) 演題:アルツハイマー病予防サプリメントの開発とコーチング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二方とも、薬学部開設初年度より14年間に渡り、教育・研究の両面において大変精力的に活動を続けられ、薬学部の完成から現在に至る礎を築いて頂きました。今後の益々のご健勝、ご活躍を祈念致します。

 

 

一覧に戻る