臨床薬剤学分野は臨床現場での薬剤業務を中心とした研究と教育を行い、
医療の担い手となる研究マインドを持った薬剤師の育成を目指しています。
 

研究成果・実績

一覧を見る
  • Nihei S, Sato J, Komatsu H, Ishida K, Kimura T, Tomita T, Kud…
  • Nihei S, Sato J, Harada T, Kuyama S, Suzuki T, Waga N, Saito Y…
  • Tomita T, Fukui T, Takanohashi S, Goto H, Yoshida T, Sumiya K…

主な研究内容

  1. ベバシズマブによるたん白尿発現メカニズム解明に関する研究
  2. 乳腺上皮細胞を用いたメカニカルストレスに関する研究
  3. 母乳成分のストレスに対する影響に関する研究
  4. とろみ調整食品が口腔内崩壊錠、素錠及びコーティング錠の崩壊性、溶出性及び薬効発現に及ぼす影響に関する研究
  5. 後発医薬品の使用に関する研究

担当講義

臨床薬学1 (4年前期)、臨床薬学2 (4年後期)
実際に行われている薬剤業務全般についての基本的知識、技能、態度を修得、理解することで、時代が求める医療を実践できる薬剤師としての素養を身に付ける。 工藤賢三、朝賀純一、
平舩寛彦、高橋宏彰
薬事関係法規・制度1 (3年後期)、薬事関係法規・制度2 (4年前期)
患者の生命に関わる医療の担い手として薬剤師がその使命を果たすためには、薬剤師としての倫理・責任を自覚し、保健・医療・福祉に係る多くの関連法規と制度について理解し、義務及び法令を遵守することが大切である。薬剤師業務に必須な関連法規および医療関連制度の基本的知識を修得するとともに、義務及び法令を遵守する態度を身に付ける。 工藤賢三、朝賀純一、
平舩寛彦、高橋宏彰
実務基礎実習 (4年後期)
5年次に行われる病院、薬局での長期実務実習に備えるために、患者・生活者本位の視点に立ち、薬物療法の実践とチーム医療・地域保健医療への参画に必要な調剤、患者・来局者応対、服薬指導、安全管理、患者情報の把握、処方提案などの薬剤師実務に必要な基本的知識、技能、態度について学ぶ。 工藤賢三、朝賀純一、
平舩寛彦、高橋宏彰
臨床薬学総合演習 (6年前期)
これまでに学修してきた医療薬学、薬学と社会、薬学臨床、実務実習などを踏まえ、代表的疾患の処方せんについて、患者背景や経過に配慮しながらグループで総合的に考察し、患者への服薬指導、医師への情報提供や処方提案を成果とし、討議を行う。代表的疾患の病態と薬物治療やそれに用いられる医薬品の特徴を確認する。これにより薬物療法の実践およびチーム医療・地域保健医療への参画に必要な薬剤師実務に応用できる知識、技能、態度を身に付ける。 工藤賢三、朝賀純一、
平舩寛彦、高橋宏彰
実践チーム医療論:病棟実習 (6年前期)
病院実務実習修了後に、医学部内科系講座(診療科)において医師の指導の下、外来診療や病棟診療に同行し、情報収集過程(医療面接、身体診察、基本的検査、副作用チェックなど)、評価と診療計画と立案過程(回診、カンファレンスなど)、診療計画の実施過程(治療、処方箋の作成、他職種への指示・情報伝達、患者さんへの説明など)などを実地に見学・体験することでチーム医療に必要なアドバンストな知識・技能・態度を修得する。 工藤賢三、朝賀純一、
平舩寛彦、高橋宏彰

メンバー

教授 工藤 賢三
昭和58年 東北薬科大学卒業
平成15年 博士(医学)
岩手医科大学附属病院薬剤部 薬剤師、医学部薬理学講座 助手、薬学部臨床薬剤学講座 准教授を経て現職(附属病院薬剤部長兼務)

日本病院薬剤師会 理事、岩手県病院薬剤師会 会長、岩手県薬剤師会 常務理事、医薬品相互作用研究会 副会長、日本薬学会 東北支部幹事、日本薬理学会 学術評議員、日本臨床薬理学会 北海道・東北支部 支部世話人、日本医療薬学会 代議員

准教授 朝賀 純一
平成14年 東京理科大学薬学部卒業
平成16年 京都大学大学院薬学研究科修士課程修了、修士(薬学)
平成19年 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程修了、博士(薬学)
岩手医科大学附属病院薬剤部 薬剤師、主任薬剤師を経て現職(附属病院薬剤薬剤長兼務)

東北病院薬剤師会 学術連絡委員会委員長、岩手県病院薬剤師会 教育・研修委員会(生涯教育)副委員長

助教 平舩 寛彦
平成14年 城西大学薬学部 卒業
平成16年 城西大学大学院薬学研究科医療薬学専攻修士課程 修了、修士(薬学)
岩手医科大学附属病院薬剤部 薬剤師を経て現職(附属病院薬剤師兼務)

岩手県病院薬剤師会編集委員会委員

助教 高橋 宏彰
平成15年 東北薬科大学薬学部卒業
平成17年 東北薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了、修士(薬学)
岩手医科大学附属病院薬剤部 薬剤師を経て現職(附属病院薬剤師兼務)

岩手県病院薬剤師会 教育・研修委員会委員

担当講義・実習
3学年:調剤学、薬事関係法規・制度1
4学年:臨床薬学1、臨床薬学2、薬事関係法規・制度2、症例・処方解析学、医療倫理とヒューマニズム、総合薬物治療演習、実務基礎実習
5学年:実務実習(附属病院)
6学年:臨床薬学総合演習、実践チーム医療論(病棟実習)