臨床薬剤学分野

Chiba T, Takahashi H, Tairabune T, Kimura S, Ueda H, Kudo K: Cancer Cachexia May Hinder Pain Control When Using Fentanyl Patch. Biological and Pharmaceutical Bulletin,43: 873-878, 2020

於本崇志、大森英美、今野雄貴、瀬川利恵、工藤賢三:副甲状腺摘出後の低カルシウム血症にカルバマゼピン及びエソメプラゾールが関与した1症例、医療薬学、45(6):337-343、2019

於本崇志、朝賀純一、青木朋彦、長澤佳昭、佐藤文彦、富田隆、工藤賢三:医薬品リスク管理計画(RMP)を患者ケアへ活用するためのRMPポケット版の作成とその評価、日本病院薬剤師会雑誌、55(9):1077-1084、2019

於本崇志、朝賀純一、青木朋彦、長澤佳昭、佐藤文彦、工藤賢三:説明すべき重要な副作用について確実に薬剤指導を行うための取り組み、医薬品相互作用研究、43(3):35-41、2019

高橋宏彰、佐々木慎也、千葉健史、平舩寛彦、朝賀純一、工藤賢三:抗EGFR抗体薬による皮膚障害発現に影響を与える要因に関する検討、日本薬学会 第140年会、京都、2020年3月28日.

千葉カナ、平舩寛彦、高橋宏彰、朝賀純一、千葉健史、工藤賢三:HPLC-UV検出法を用いたヒト母乳中バロキサビルマルボキシルおよびその活性代謝物の定量法の検討、日本薬学会 第140年会、京都、2020年3月28日.

二瓶哲、千葉健史、平舩寛彦:ベバシズマブは腎糸球体内皮細胞におけるVEGF-Aシグナルの抑制によりエンドセリン-1分泌を増加させる、日本薬学会 第140年会、京都、2020年3月26日.

Chiba T, Maeda T, Fujita Y, Takeda R, Kikuchi A, Kudo K: Stress-induced suppression of milk protein is involved in a noradrenergic mechanism in the mammary gland. Endocrinology. 2019 May 31. pii: en.2019-00300. doi: 10.1210/en.2019-00300

Tairabune T, Chiba T, Tomita T, Sakurada T, Kobayashi E, Satoh N, Kudo K: Questionnaire survey on knowledge and perceptions of generic medicines for pharmacy students. J Drug Interaction Res, 42: 17-23, 2018.

Nihei S, Sato J, Harada T, Kuyama S, Suzuki T, Waga N, Saito Y, Kisara S, Yokota A, Okada K, Tsuchiya M, Terui K, Tadokoro Y, Chiba T, Kudo K, Oizumi S, Inoue A, Morikawa N: Antiproteinuric effects of renin-angiotensin inhibitors in lung cancer patients receiving bevacizumab. Cancer Chemother Pharmacol, 81: 1051-1059, 2018.