情報薬科学分野

Lamellarin 14, a Derivative of Marine Alkaloids, Inhibits the T790M/C797S Mutant Epidermal Growth Factor Receptor
Cancer Sci. 2021 Feb 5. doi: 10.1111/cas.14839.  Online ahead of print.

西谷直之「トポイソメラーゼ阻害剤ラメラリンの標的指向性変換による薬剤耐性EGFR阻害剤の創出」日本がん分子標的治療学会 第14回TRワークショップ「低分子抗がん剤開発最前線~アカデミアの夢、企業の現実」、東京(2019年1月18日)

西谷直之「ゼブラフィッシュ胚を用いた薬剤スクリーニングと薬力学的相互作用の予測」医薬品相互作用研究、43(1): 1-8 (2019)

西谷直之、佐京智子、奥裕介、福田勉、旦慎吾、矢守隆夫、石橋郁人、上原至雅、岩尾正倫「薬剤耐性EGFR T790M/C797Sに対するlamellarinとcetuximabの併用効果」第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 大阪(2019年6月14日)

米澤穂波、上原至雅、西谷直之 「イベルメクチン結合タンパク質の同定とそのWnt/beta-catenin経路への関与」第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 大阪(2019年6月13日)

米澤穂波、上原至雅、西谷直之 「イベルメクチン結合タンパク質によるWnt/beta-catenin経路の制御」日本薬学会第139年会、幕張(2019年3月22日)

阿部壮矩、渡辺菜美、佐京智子、奥裕介、福田勉、旦慎吾、矢守隆夫、 石橋邦人、上原至雅、岩尾正倫、西谷直之「第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬耐性非小細胞肺癌に対するLamellarin14とCetuximab併用効果の検討」第58回日本薬学会東北支部大会  仙台 (2019年10月20日)

第四世代EGFRチロシンキナーゼ阻害剤
発明者:岩尾正倫、西谷直之、福田 勉、石橋郁人、上原至雅、奥 裕介、旦 慎吾、矢守 隆夫
所有権の種類:特許
出願番号:PCT/JP2018/13370
出願年月日:2019年3月29日
国内外の別:国際

Yonezawa, H., Ogawa, M., Katayama, S., Shimizu, Y., Omori, N., Oku, Y., Sakyo, T., Uehara, Y., Nishiya, N. Clotrimazole inhibits the Wnt/β-catenin pathway by activating two eIF2α kinases: the heme-regulated translational inhibitor and the double-stranded RNA-induced protein kinase. Biochem. Biophys. Res. Commun., 506(1): 183-188 (2018)

Oku, Y., Nishiya, N., Sugiyama, S., Sato, H., Uehara, Y. Sensitisation of cancer cells to MLN8237, an Aurora-A inhibitor, by YAP/TAZ inactivation. Anticancer Res., 38: 3471-3476 (2018)