生体防御学分野

Birefringent granules accumulate by the knock down of two p97/VCP homolog genes in the C. elegans intestinal cells.
Takahiro Tanji, Kenji Nishikori, Hirohisa Shiraishi, Ayako Ohashi-Kobayashi
22nd International C. elegans Meeting, 2019年6月21日, ロサンザルス, 米国

線虫の加齢に伴う腸内オルガネラHEBE顆粒の形成・消失とオリゴペプチド輸送体PEPET-1基質の取り込み
錦織健児、丹治貴博、白石博久、大橋綾子
日本薬学会第139年会、平成31年3月22日、千葉

線虫の腸細胞オルガネラで認められる複屈折性に対するp97コファクターの関与
丹治貴博、柏山舞、前原京香、錦織健児、白石博久、大橋綾子
日本薬学会第139年会、平成31年3月22日、千葉

p97/VCPホモログのRNAiで線虫腸細胞内に生じる複屈折顆粒異常蓄積に対するエンドサイトーシス関連遺伝子変異の影響
白石博久、加藤香穂、梅村芙美子、八重樫真結、錦織健児、丹治貴博、大橋綾子
日本薬学会第139年会、平成31年3月22日、千葉

A new microsporidium Percutemincola moriokae gen. nov., sp. nov. from Oscheius tipulae: A novel model of microsporidia–nematode associations.
Nishikori K, Setiamarga D H E, Tanji T, Kuroda E, Shiraishi H, Ohashi-Kobayashi A.
Parasitology. 2018 Dec;145(14):1853-64.

Molecular dissection of Caenorhabditis elegans ATP-binding cassette transporter protein HAF-4 to investigate its subcellular localization and dimerization.
Tanji T, Shiraishi H, Nishikori K, Aoyama R, Ohashi K, Maeda M, Ohashi-Kobayashi A.
Biochem Biophys Res Commun. 2017 Aug 19;490(2):78-83.

オートファジー関連遺伝子の線虫変異体における腸内顆粒の形成と飢餓応答
白石 博久、丹治 貴博、錦織 健児、大橋 綾子
ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会)、2017年12月7日、神戸

線虫腸内顆粒の栄養環境応答に関わる遺伝子のRNAiスクリーニング
丹治 貴博、青山 玲子、河野 貴久子、錦織 健児、白石 博久、大橋 綾子
ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会)、2017年12月6日、神戸

線虫の腸内オルガネラ(HEBE顆粒)の形成及び加齢応答性へのオリゴペプチド輸送体PEPT-1の関与
錦織 健児、井筒 智成、田代 和巳、丹治 貴博、白石 博久、大橋 綾子
ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会)、2017年12月6日、神戸

線虫p97ホモログの発現抑制がもたらす腸細胞オルガネラの異常
丹治 貴博、錦織 健児、白石 博久、大橋 綾子
第56回日本薬学会東北支部大会、2017年10月21日、青森