生体内外の物質と生体の相互作用を、種々の研究方法により
疾病治療への応用を視野に入れて薬物治療の基盤を確立する学問です。
 

分子細胞薬理学分野

https://gaia-sb.iwate-med.ac.jp/pharm/mcp/

研究成果・実績

一覧を見る
  • Sawa, Y., et al. J Pharmacol Sci, in press.
  • Matsushita N, et al. Biol Pharm Bull, 42(4), 543-546, 2019
  • Hirose, M. Biol Pharm Bull, 42(4), 517, 2019 (Review)

主な研究内容

  1. Sodium-glucose co-transporter 1 (SGLT1)の生体における役割の解明と疾患治療への応用
  2. 心房細動発症の原因因子の解明と治療薬の開発
  3. イサダ由来の脂肪酸代謝物を活用した生活習慣病予防を有する機能性食品素材開発
  4. 肺高血圧症の病態解明と治療法の開発

担当講義

[薬学部]

薬理学1・2
薬理学3
医療薬学4
症例・処方解析学
薬学実習2
薬学実習3
卒業研究

[医学部]

薬理学講義
薬理学実習

[歯学部]

生理学講義
薬理学講義
薬理学実習

メンバー

教授 弘瀨 雅教

信州大学医学部卒業
博士(医学)
前職:信州大学医学部准教授

助教 斉藤 麻希

静岡県立大学薬学部卒業
静岡県立大学大学院 薬学研究科 博士後期課程修了、博士(薬学)
前職:北里大学薬学部・北里大学大学院薬学研究科助教

助教 石田 菜々絵

岩手医科大学薬学部卒業
岩手医科大学大学院薬学研究科博士課程を中途退学し現職
研究者支援室設置準備委員会:女性研究者ロールモデル1