薬物代謝動態学分野は、のんだ薬がどのように効果を現わすか、
についていろいろな角度から研究しています。
研究の結果を講義・実習にも活かし、薬学の発展に貢献できるよう努めています。
 

研究成果・実績

一覧を見る
  • Hakata, S., Terashima, J., Shimoyama, Y., Okada, K., Fujioka, S…
  • Sugai, T., Takahashi, Y., Eizuka M., Sugimoto, R., Fujita, Y., Haban…
  • Sugai, T., Eizuka, M., Arakawa, N., Osakabe, M., Habano, W., Fu…

主な研究内容

  1. 発毛促進薬ミノキシジルの効果を高める天然物、漢方薬を探したり、そのメカニズムを明らかにしたりする研究をしています。
  2. がん細胞が増えていく能力をおさえて抗がん剤の効果を高める安全な薬物を探したり、そのメカニズムを明らかにしたりする研究をしています。
  3. エピジェネティクス機構から薬物動態が変動するメカニズムを明らかにして、安全で効果的な治療への応用を目指す研究をしています。
  4. ヒトがんの病理・病態をゲノムおよびエピゲノムの解析から明らかにして、がんの診断や治療への応用を目指す研究をしています。
  5. がん細胞の塊を人工的に作り、抗がん剤ががん細胞の中でどう分解されるのかについて研究しています。

担当講義

薬物動態学1 (2年後期)
のんだ薬や注射した薬がどのようにして体の中を動いて効き目を現わすかについて解説します。また、体の中に入った薬は必ず分解されたり、尿に溶けたりして体の外へ排泄される必要があります。そうでないと、いつまでも体の中に薬が不必要に残って悪い影響が出るからです。これらの仕組みについて理解して頂けることが目標です。毎時間の講義で近くの友人たちと一緒に考える時間を設けて、できるだけ、講義の中で大切なことが頭に残るよう工夫しています。 小澤正吾

メンバー

教授 小澤 正吾
昭和56年 東京大学薬学部 卒業
昭和61年 東京大学大学院薬学系研究科博士課程 修了、薬学博士
(財)癌研究会癌研究所、慶応義塾大学医学部薬理学教室、米国国立毒性学研究所訪問研究員、国立医薬品食品衛生研究所薬理部室長を経て現職

平成15年度 日本薬物動態学会・奨励賞受賞
日本薬物動態学会評議員

担当講義
1学年:薬学入門
2学年:薬物動態学1
3学年:薬物動態学2、薬学実習2(薬物代謝学実習)
4学年:医薬情報科学

准教授 幅野 渉
平成元年 東京理科大学薬学部薬学科 卒業
平成3年 東京理科大学大学院薬学系研究科修士課程 修了
平成13年 医学博士
岩手医科大学臨床病理部門研究員、共同研究部門助手を経て現職

平成13年度 日本病理学会・学術奨励賞 受賞
平成15年度 日本癌学会・奨励賞 受賞
日本薬物動態学会評議員

担当講義
2学年:薬学英語2
3学年:薬物動態解析1、薬物動態解析2、保健衛生学、薬学実習2(薬物代謝学実習)
4学年:医療統計学、実務基礎実習

助教 寺島 潤
平成8年 金沢大学理学部生物学科 卒業
平成13年 金沢大学大学院自然科学研究科博士課程 終了 博士(学術)
エジンバラ大学細胞分子生物学研究所 研究員、東北大学大学院薬学研究科 産学官連携研究員を経て現職

平成15年度 Wellcome Trust Value In People award受賞
平成28年度 日本薬物動態学会 DMPK賞受賞

担当講義
3学年:薬学実習2(薬物代謝学実習、衛生学実習)
4学年:医療統計学
4学年:医薬情報科学