2020

能登暁子,岸 承俊,磯 直輝,岡崎 優,早川瑛美子,諏訪唯斗,那谷耕司,高橋 巌:richostatin-A 処理によるSyndecan-4 遺伝子発現亢進機構の解明.
第14回 東北糖鎖研究会,仙台,令和2年8月29日

小原真美,佐藤幸子,髙橋公美,近藤ゆき子,弘瀬雅教,那谷 耕司,平 英一:心肥大モデルにおける細胞接着因子ギセリン/CD146の発現および発現制御機構の解明.
第93回 日本薬理学会,横浜(誌上開催),令和2年3月16日

大橋一晶,大橋広好,北舘紗莉菜,栗原稔昌,白藤美都,村松佑実子,那谷耕司:マメ科Murtonia kerriiの分子系統解析と分類学的位置.
第59回 日本薬学会東北支部大会,いわき(誌上開催),令和2年10月18日

村松佑実子,大橋一晶,大橋広好,北舘紗莉菜,栗原稔昌,白藤美都,那谷耕司:中米(メキシコ)に分布するマメ科 Desmodium属の系統解析.
第59回 日本薬学会東北支部大会,いわき(誌上開催),令和2年10月18日

牛抱和也,渡邊大輔,小野泰誠,岸 承俊,岡崎 優,那谷耕司,高橋 巌:マウス膵臓ランゲルハンス島インスリン産生β細胞におけるシンデカン4の機能解析.
第86回 日本生化学会東北支部例会,郡山(誌上開催),令和2年5月30日

岡崎 優,礒 直輝,岸 承俊,小野泰誠,渡邊大輔,牛抱和也,那谷耕司,高橋 巌:シンデカン4遺伝子の発現制御機構に関わる主要転写因子の探索.
第86回 日本生化学会東北支部例会,郡山(誌上開催),令和2年5月30日

Hasegawa, Y., Takahashi, Y., Kezuka, Y., Obara, W., Kato, Y., Tamura, S., Onodera, K., Segawa, T., Oda, T., Sato, M., Nata, K., Nonaka, T. and Ishigaki, Y.: Identification and Analysis of a Novel NR0B1 Mutation in Late-Onset Adrenal Hypoplasia Congenita and Hypogonadism.
J. Endocr. Soc. 5(2), 1-10, 2020.

Matsushita, Y., Hasegawa, Y., Takebe, N., Onodera K., Shozushima, M., Oda, T., Nagasawa, K., Honma, H., Nata K., Sasaki, A. and Ishigaki, Y.: Serum C-X-C motif chemokine ligand 14 levels are associated with serum C-peptide and fatty liver index in type 2 diabetes mellitus patients.
J. Diabetes Invest. Online ahead of print.

【2020原著論文07】“IMU1003, an atrarate derivative, inhibits Wnt/β-catenin signaling”, Honami Yonezawa, Aoi Sugawara, Tomoko Sakyo, Yoshimasa Uehara, Tomikazu Kawano, Naoyuki Nishiya*, Biochem. Biophys. Res. Commun., 532, 440-445 (2020). DOI: https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2020.08.031